誰でもできる綺麗に痩せる食べ方とは?【ダイエットインストラクター監修】

峰不二子量産塾をご覧くださり、ありがとうございます♪「いい女研究家」松岡礼奈です♪

今回のテーマは、「綺麗に痩せる食べ方」について!

この記事でわかること

  • 綺麗に痩せる食べ方は?
  • 食べ方を変えるだけで痩せるのはなぜ?
  • 痩せるためにはどんな食べ物を食べたらいいの?

こんなことがわかります♪

 

私は10代高校生の頃からダイエットを始め、ダイエッター歴13年目のダイエットインストラクターです。

リバウンドもせず10代の頃には3ヶ月でマイナス10キロ、そして産後はマイナス14キロ以上を達成しています♪

そんな私が日頃気をつけている食べ方についてお話しするので、ぜひ真似してみてくださいね!

きっと「綺麗に痩せる食べ方」を身につければ、自然にスルッと体重が落ちていきますよ♪

スポンサーリンク

■綺麗に痩せる食べ方とは?

ではさっそく、「綺麗に痩せる食べ方」についてお話ししていきます。

綺麗に痩せるための食べ方は、全部で4つのポイントがあります。

これらのことを気をつけるだけで、きっとあなたもムリなく痩せていきますよ♪

1:食べる順番はベジファースト!

まず1つ目は「食べる順番」に気をつけること。

ベジファーストっていう言葉を聞いたことがありますか?

ベジファーストとは「野菜から食べる」ことを指しますが、私は10代の頃からこの食べ方をずっと習慣づけています。

なのでたまにサラダから食べない人を見かけると「ん?」と違和感を感じてしまうほどです。

 

我が家の食卓では大体、「サラダ」「ご飯(豆腐)」「納豆」「味噌汁」「煮物」「ちょっとしたおかず」が並びますが、この中で一番先に食べるのは絶対的に「サラダ」です。

そしてそのあとに味噌汁、煮物やちょっとしたおかず、最後にご飯などの炭水化物という順番。

我が子は2歳ですが、なぜかサラダや味噌汁から食べる習慣がついています(笑)

2:よく噛んでゆっくり食べること

そして2つ目は「よく噛んでゆっくり食べる」こと。

これは「満腹感」を得られやすくなるためですが、やはりレディとしてはゆっくり食べておきたいところ。

ですがお子さまがいる家庭では、なかなかよく噛んでゆっくり食べるということが難しかったりしますよね。

 

私も自分が先に食べて子どもにご飯を食べさせたりするので、気持ちはよくわかるんです。

なのでそんな時には「野菜を大きめに切る」ことを心がけると、自然とよく噛んで食べることになるので満腹感が得られやすくなりますよ♪

3:夜ご飯の時間をなるべく早めに済ますこと

そして3つ目は「夜ご飯の時間をなるべく早めに済ます」こと。

夜ご飯の時間から寝るまでの時間を4時間以上開けて寝ることで、夜食べたものがしっかり消化した状態で眠ることができ、痩せやすい体になることができます。

逆に消化されないまま寝てしまうと、体の疲れが取れなかったり余分な脂肪を蓄えてしまったりとどうしても体重が増加傾向に。

 

こちらの体重の比較画像をみてください。

これは私の体重の変化なんですが、7月29日から7月30日にかけて体重がガクッと下がっていますよね。

 

この日に何を行なったかというと「夜ご飯の時間を30分早めた」んです。

それだけで体重が45キロから44キロ台をマークすることができました♪

このように食べる時間をコントロールするだけで、綺麗に痩せることができるんですね。

4:朝ごはんを食べすぎないこと

そして4つ目は「朝ごはんを食べすぎない」こと。

よく「朝ごはんはしっかり食べる」といろんな情報サイトで見かけますよね。

ですが朝ごはんの時間帯は、お腹が空いている状態が続き体が飢餓状態になっています。

そこに高カロリーなものを食べてしまうと、体がエネルギーを吸収しすぎてしまいどうしても体重は増加傾向になってしまうんです。

 

私も以前、「朝ごはんをしっかり」という言葉を信じて朝ごはんをしっかり食べるようにしたところ、体重がみるみるうちに増えていきました(笑)

ですが仕事へ行ったり家事育児をしたりと、朝ごはんを食べないと元気が出ないなんて人もいますよね。

そんな時には「バナナ」を食べたり、低カロリーなフルーツグラノーラを食べてみるようにしましょう。

 

 

こちらの記事でも紹介していますが、小分けパックになったフルーツグラノーラは食べ過ぎ防止にもなるのでオススメです♪

created by Rinker
バランスアップ
¥1,251 (2020/10/29 20:38:55時点 Amazon調べ-詳細)

いろんな味や種類があるので、意外と飽きずに食べることができますよ♪

バナナ1本とフルーツグラノーラだけでも、結構お腹は膨れるので一度試してみてください♪

■食べ方を変えるだけでなぜ痩せるの?

それではなぜ、食べ方を変えるだけで痩せていくのでしょうか?

それは痩せるためには「血糖値の上昇」をコントロールすることが必要で、食べ方を変えるだけでこの血糖値のコントロールをすることができるから♪

血糖値のコントロールについて詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

痩せるためには血糖値の上昇をコントロールすることが重要

痩せるためには血糖値の上昇をコントロールすることが重要といいましたが、一体血糖値ってなんなんでしょうか?

血糖値(けっとうち、英語: blood sugar concentration / blood glucose level)とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度である。

健常なヒトの場合、空腹時血糖値はおおよそ80-100 mg/dL程度であり、食後は若干高い値を示す。

引用 ウィキペディア

ウィキペディアによると「血液内のブドウ糖の濃度」が血糖値ということがわかりますね。

人は炭水化物を食べると、体の中で吸収されてブドウ糖になります。

そのブドウ糖が血液中に入ることでエネルギーに変わるんですが、そのブドウ糖の濃度が血糖値というわけですね。

 

通常では80~100mg/dLという値を保っている血糖値ですが、食後には140mg/dL以上まで数値が上がります。

そしてこの数値は、体の中から出されるインスリンによって降下し80~110mg/dLまで下がっていくのですが、このインスリンは血液中の糖分を脂肪に変えて溜め込む働きがあるんです。

なのでこのインスリンがドバドバ出れば出るほど脂肪を溜め込みやすくなり、結果体重が増加してしまう原因になるんですね。

 

このインスリンをドバドバ出さないためには、「血糖値を急上昇させないこと」が重要というわけなんです。

そして血糖値を急上昇させないためには、体に吸収されづらい「食物繊維」が多く含まれる野菜から食べることがとっても効果的♪

なので綺麗に痩せるためには「食べる順番」が非常に重要なんですね!

■痩せるために積極的に摂取したほうがいい食べ物とは

では綺麗に痩せるために積極的に食べた方がいいものとは一体なんなのでしょうか?

私はこれらの食材を毎日摂取しています♪

ぜひあなたも今日の食卓から取り入れてみてくださいね!

きのこ類

まず1つ目は「きのこ類」です♪

きのこ類でも私がとくにオススメしたいのは「マイタケ」ですね。

マイタケには他のキノコには入っていない「MXフラクション」という成分が入っています。

このMXフラクションは、体内の中性脂肪や悪玉コレステロールの分解を促進してくれる効果があるんですね♪

さらに中性脂肪や悪玉コレステロールの分解を促進することで、体の代謝も上がり内臓脂肪の低下も期待できるんです!

 

さらに不溶性食物繊維が豊富なため便秘解消効果はもちろん、余分な体脂肪を外に排出してくれる効果も♪

他にもキノコ全般に含まれる「キノコキトサン」の効果により、お腹の脂肪を落とす効果も期待できます!

マイタケやしめじなどを積極的に取り入れ、キノコキトサンの効果をあやかりましょう♪

私は煮物などにキノコをたっぷり入れて食べていますよ♪

納豆

そして2つ目は納豆です♪

納豆には食物繊維がたっぷり含まれており、便秘解消効果にもぴったりの食材です♪

さらにヒアルロン酸の10倍の保水力を持っていたり、アンチエイジング効果、美肌効果、血液サラサラ効果などさまざまな効果が期待できます!

 

他にも納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」が代謝のアップを助け、「アディポネクチン」が脂肪燃焼効果をUP!

アディポネクチンは「やせホルモン」ともいわれ、ダイエットにぴったりの食材といえるんですね♪

野菜類

そして3つ目は「野菜類」です♪

野菜類の中でもきゅうりやほうれん草、アボカドなどはむくみを取るために必要なカリウムやが豊富で、利尿作用なども期待できるのでダイエット中にオススメの食材。

私も毎日きゅうりはサラダに乗せて食べていますし、アボカドも積極的に食べるようにしています♪

さらにほうれん草はむくみ解消の他に、肌のくすみを解消してくれる効果もあるため、1週間に2回は摂取したい食材です!

 

野菜類の中でもダイエットに不向きなのは、ジャガイモなどの芋類ですね。

芋類は糖質が多いため、どうしてもダイエットには不向きな食材。

ジャガイモ料理は美味しいですが、ダイエット中は少し控えめにすると良さそうですね♪

たんぱく質が取れる食材

そして4つ目は「たんぱく質が取れる食材」です。

たんぱく質の取れる食材といえば「肉・魚・卵・乳製品・大豆製品」が主ですが、その中でも「高たんぱく低カロリー」の食べ物を選びましょう♪

 

肉類であれば赤身肉や鶏のササミ、鶏胸肉やラム肉

魚であればアジやイワシ、鮭、たら

乳製品であれば牛乳、ヨーグルト、モッツァレラチーズ、リコッタチーズ

大豆製品であれば納豆、豆乳、お豆腐など♪

 

たんぱく質を摂ることで、ダイエットに必要な筋肉をしっかり作ることができます。

食事制限をし筋肉が減ってしまっては、ダイエットもなかなかうまくいきません。

ぜひたんぱく質が摂取できる食材を、毎日積極的に食べるようにしましょう♪

綺麗に痩せるためには食べ方だけでなく筋トレも重要

そして綺麗に痩せるためには、食べ方だけでなく適度な運動や筋トレも必要です。

食事制限だけでは筋肉が減ってしまい、代謝が下がったりセルライトができてしまう原因に。

一度セルライトができてしまうと、自力で落とすのが難しい他、血流が悪くなって代謝が下がり、どうしてもダイエットがうまくいかなくなる原因に。

こちらの記事では、私が日頃取り入れている筋トレを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

■綺麗に痩せるには食べ方と筋トレが重要♪

今回は綺麗に痩せるための食べ方についてご紹介しました!

食べる順番や食べる時間など、あなたはしっかりとできていましたか?

ぜひあなたも綺麗に痩せる習慣を身につけ、ダイエットを成功させてみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松岡礼奈(れなまる)

2020年4月よりシングルマザーになったれなまること松岡礼奈です♪私は美容プロのライターとして生計を立て、他にも犬服のハンドメイド作家として活動中!2020年7月よりこの峰不二子量産塾を再始動!2020年7月からのテーマは「愛」です♡読者の皆様に愛のある記事を届けられるように精進してまいります♪よろしくお願いいたします♡今後はベストセラー作家、実業家も視野に入れ活動していきます♪