生理前はなぜ太る?!食べてないのに体重が増える原因やオススメの過ごし方とは

順調に体重が減っていたのに、急に体重が落ちなくなりどんどん増えていく・・・

「食生活も変えてないのになんで?」「食べてないのに太る・・・」と悩んだことはありませんか?

 

それは女性特有の「生理前現象」の一つ。

生理前になると、どうしても体重が増加してイライラしてしまうなんて人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、生理前に太る原因や太る原因となるPMSの症状、オススメの生理中の過ごし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

食べてないのに体重が増える!生理前に太る原因は?

まずは「生理前になると体重が増えてしまう原因」についてお話しします。

生理前になるとどうしてもダイエットの成果が出ず、イライラしてしまいますよね。

しかしそれは誰にでも起こることで、体の生理現象のためなかなかコントロールは難しいもの。

そこで生理前に太る原因を知り、こころ穏やかに過ごすようにするといいでしょう。

1:生理前のむくみ

まず体重増加の原因の1つ目は「むくみ」です。

生理前の体重増加の原因は、ほとんどがこのむくみで「水分」で体重が増えているといわれています。

それは女性の体の仕組みに理由があり、生理前になると女性の体は自然と水分や栄養素を蓄えようとするため体重が増え、むくみの症状が起きてしまうんです。

 

「体内に水分を溜め込んじゃうから」と水分の摂取を少なくすると、代謝が落ちたり血流が滞ったりとよくない影響を引き起こします。

そのため水分はしっかりとり、食べ物でカリウムなどを摂取して体外に余分な水分を排出するように心がけましょう。

スポンサーリンク

2:食欲の増加

そしてホルモンの関係による「食欲の増加」も生理前に太る原因の一つです。

生理前になると、女性ホルモンの「プロゲステロン」が多く分泌されます。

このプロゲステロンは食欲を増進させる効果があるため、どうしても「お腹が空いてないのに何か食べたい」という状況を作り出してしまうんですね。

 

さらにこのプロゲステロンは、血糖値をコントロールするインスリンの働きを下げてしまうため、ご飯を食べたあとの血糖値が急上昇しやすくなります。

血糖値が急上昇すると脂肪を溜め込みやすい体になり、その後血糖値が急降下することによりお腹が空きやすくなったり甘いものが欲しくなったりと、食欲がさらに増進してしまうんですね。

3:便秘

そして便秘も生理前に起こる現象の一つ。

女性ホルモンであるプロゲステロンは、腸の働きを抑えてしまう働きがあり、腸の活動が低下することで便秘が起こりやすくなります。

さらに水分を体が蓄えてしまい、便に使われる水分が少なくなってしまうので、便が硬くなって外に出づらいという状況も引き起こします。

便秘解消のために食物繊維や水分をしっかり摂り、便秘にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

PMSが原因の場合も!PMSの症状をチェック

体質によって異なりますが、生理前に増えていい体重は1kg〜3kg程度。

これ以上太ってしまう場合には、普段の食事の見なおしなどが必要です。

そしてPMSも生理前の症状に深く関係してくるため、自分のPMSの症状を確認しておきましょう。

 


  • 気分の不安定
  • うつ状態
  • 自己評価の低下
  • イライラしやすい
  • 怒りやすい
  • 仕事や趣味などへの意欲が下がる
  • 食欲の変化
  • なかなか眠れない
  • 倦怠感
  • エネルギーの低下
  • 集中力の低下
  • 不安感
  • 緊張感
  • 頭痛
  • むくみ

これらの項目から4つ以上当てはまれば、PMSの症状が出ているといえます。

症状がひどい場合には、一度病院でピルの処方などを受けると症状が和らぐことでしょう。

むくみや頭痛などの体調不良も、PMSからきている場合が多いので自分一人で抱え込まずに医師に相談することがオススメです。

生理前のオススメの過ごし方は?

ダイエットをしている際の生理前は、どのように過ごすのがいいのでしょうか。

まず1つ目としては「体重増加にイライラしない」というポイントがあります。

 

生理前でどうしても体重が増え、さらにPMSも重なってイライラしてしまうという人も多いでしょう。

ストレスが溜まると余計にストレスホルモンにより食欲が増加してしまうため、なるべくイライラしないように過ごすのがいいですね。

お気に入りのアロマでリラックスしたり映画を見たりと、無理せずゆっくりするのがオススメです。

 

そして食欲を抑えるために「生理前豆乳ダイエット」を導入するのもいいでしょう。

豆乳は脂肪吸収を抑えてくれる成分「大豆サポニン」や、基礎代謝を活発にしてくれる成分「大豆たんぱく質」などさまざまなダイエットにオススメの成分が入っています。

その豆乳を生理がはじまる7日〜10日前から生理が来るまで飲みます。

 

1日に飲む量は200mlで、食事の前や間食に飲むのがオススメ。

豆乳の種類はなるべく「無調整豆乳」を選びましょう。

豆乳にはダイエットはもちろん、PMSの症状を緩和する働きも期待できます。

ぜひ生理前の体重増加に悩んでいる人は、無調整豆乳を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

生理前は誰でも体重が増えるもの!イライラせずに過ごそう♪

今回は生理前に女性が悩む「生理前の体重増加」についてお話ししました。

生理前はどうしても体重が増えてしまい、悩む人も多いもの。

ですが誰でも経験するものなので、自分だけと思わず穏やかに過ごすことがダイエットを成功させる近道です。

ぜひ生理前の体重増加とうまく付き合い、ダイエットを成功させてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松岡礼奈(れなまる)

2020年4月よりシングルマザーになったれなまること松岡礼奈です♪私は美容プロのライターとして生計を立て、他にも犬服のハンドメイド作家として活動中!2020年7月よりこの峰不二子量産塾を再始動!2020年7月からのテーマは「愛」です♡読者の皆様に愛のある記事を届けられるように精進してまいります♪よろしくお願いいたします♡今後はベストセラー作家、実業家も視野に入れ活動していきます♪