自分磨き中の女性が「スキンケア」を見直した方がいい本当の理由は?

峰不二子量産塾をご覧くださり、ありがとうござます!

いい女研究家の松岡礼奈です。

今回紹介するのは「自分磨きをする際にスキンケアを見直した方がいい理由」について♪

✔️この記事でわかること

  • 自分磨きをしたいからスキンケアを頑張らなくちゃ
  • でもスキンケアってどう選んだらいいの?
  • むしろなんで自分磨きにスキンケアが大事なの?
  • 自分磨きのためにスキンケアを頑張って肌を綺麗にしたい!

というような、自分磨きを頑張っている人にお届けしていきます。

 

私も昔はすぐテカったり毛穴の黒ずみがひどかったりと、さまざまなお肌の問題に悩まされていました。

しかし自分磨きを頑張ろうと思いスキンケアマイスターという資格を取得、そしてスキンケアを見直したらテカリや黒ずみも徐々に良くなり、「スキンケアを見直してよかったなあ」と心から実感できました。

そこで今回はスキンケアの重要性やスキンケアの正しい方法などを、体験談も交えてお話ししていきますね♪

不二子ちゃん
あなたも自分磨きでスキンケアを見直して、綺麗なお肌を手に入れましょう♪
スポンサーリンク

■自分磨きに一番重要なのは「スキンケア」

私は自分磨きで重要なのは、「身体」と「お肌」と「髪の毛」だと思っています。

もともとキャバ嬢として働いていましたが、可愛い人は何と言ってもお肌が綺麗。

結局それって、「可愛いから肌が綺麗」なんじゃなくて「肌が綺麗だから可愛い」んですよね。

 

アイドルやモデルでも肌が荒れていると「この子肌が汚い・・・」と話題になってしまうくらい、お肌って重要なポイントです。

私はスキンケアマイスターの資格も持っているのですが、スキンケアってやはり奥深い。

今はさまざまな商品が売られており、「どれにしよう」って悩んでしまいがちですがやはり自分に合ったものを選ぶのが重要です。

塾長
学生時代に憧れのシャネルの化粧水を使ったら肌が荒れてトホホ・・・な状態になりました(泣)

お肌が荒れていた頃の私の体験談

お肌が荒れていた時のことを思い出してみると、不規則な生活や野菜不足、もちろんキャバ嬢として働いていたのでお酒もたくさん飲みましたし、化粧を落とさずそのまま寝ちゃうなんて日も・・・。

当然お肌は今より荒れていましたし、悩みも尽きなかったものです。

キャバクラは接近接客なので当然お客さまにもそれは見られてしまい、「なんだかお肌荒れてない?」「なんかテカってない?」とグサグサ心に突き刺さったものです。

塾長
昔はすぐテカテカしてしまうのが悩みでした・・・><

そんな風にグサグサ言われるとやはり自信もなくしてしまうもの。

なので、自分磨きには本当にスキンケアが重要ということをこの時に学びましたね。

■自分磨きをするための正しいスキンケア方法

ではスキンケアはどう見直したらいいの?ということで、正しいスキンケア方法などを紹介していきます。

ぜひあなたも一度「本当に自分のスキンケアは合っているのかな?」と考えながら、参考にしてみてくださいね。

不二子ちゃん
あなたの肌が綺麗になれば、周りの反応もぐっと変わってきますよ♪

自分磨きの方法①自分の悩みに合ったものを使うこと

まず自分磨きの方法1つ目は「自分の悩みに合ったものを使う」こと。

肌の悩みって毛穴だったりシミだったり、ニキビやたるみなどさまざまなものがありますよね。

今ではその悩みに特化したものが販売されているので、自分の悩みをしっかり理解して悩みにあったものを使うのがベスト。

 

「あの子が使っているから〜」「このブランドが好きだから〜」というような選び方では、やはり失敗してしまうことも多いもの。

もちろん憧れのあの子が使っているものを使いたいという気持ちもわかりますが、「その子がどのような目的でその化粧品を使っているか」を考えることが重要です♪

塾長
私も昔はスキンケア選びに失敗したもの。みんなには過去の私のようにはなって欲しくないなあ><

自分磨きの方法②正しい方法で洗顔をすること

そして自分磨きの方法2つ目は「正しい方法で洗顔をする」こと。

以前私が通っていた、エステサロンの方に聞いたお話をちょっとしますね。

そこのエステサロンは、洗顔の仕方なども指導してくれるエステサロンで、最初にまずお客さまの洗顔方法を確かめるために、お客さま自身で洗顔をする時間があります。

隣でエステティシャンの方がやり方をチェックする、みたいな感じですね。

 

そこで聞いたのが「洗顔の仕方を間違っている人が多い」という事実。

私はそんなにも間違った洗顔をしている人がいるのかあと、少しびっくりしたものです。

正しい洗顔方法は、

✔️正しい洗顔方法

  • 温度はぬるま湯でゆすぐこと
  • しっかり泡を立てて指と顔の肌が触れ合わないようにする
  • 顔のお肌が動くのは力が強すぎる証拠
  • 水気を拭き取る際もタオルでゴシゴシこすらない
  • 生え際や顎下なども泡が残っていないかチェックする
  • 洗顔の頻度は1日2回

という6つのポイントをしっかり守って、毎日朝晩洗顔しましょう。

自分磨きの方法③スキンケア商品にはこだわりを持つこと

そして自分磨きの方法3つ目は「スキンケア商品にはこだわりを持つ」こと。

スキンケアはお肌の土台、そしてメイクをする際のベースになるものなので、とにかくスキンケアにはこだわりを持つのがいいでしょう。

 

お肌を絵などを描くキャンパスに例えると、シワもなく綺麗な状態のキャンパスには綺麗に色がのりますが、しわくちゃなキャンパスには綺麗に色がのりませんよね。

お肌も一緒でお肌が綺麗でいないと、どんなに高いメイク道具を使ってもメイクがうまく乗らず、そのメイク道具本来の力が発揮できないんです。

なのでメイク道具などにお金をかけてたくさん集めるのではなく、自分磨きをしたいと思ったらまずスキンケアにお金をかけて土台であるお肌を綺麗にすること、これが最重要なポイントといえますね。

不二子ちゃん
メイク>スキンケアではなく、メイク<スキンケアにすることが重要ね♪

自分磨きの方法④徹底的に保湿をすること

そして自分磨きの方法4つ目は「徹底的に保湿をする」こと。

保湿がしっかりできていないと、ニキビや脂性肌、シミ、しわ、たるみ、毛穴などさまざまな問題が引き起こされてしまう原因に。

私もキャバ嬢の頃は間違ったスキンケアをしており、「脂性肌だからテカるんだよな〜。だから保湿はそんなにしないほうがいいのかな」なんていう安易な考えを持っていました。

そのせいで結局は脂性肌は治らず、毎日毎日悩みに悩んでいたものです。

 

しかし保湿を重視し、徹底するようになったことで脂性肌も徐々によくなり、化粧直しも頻繁に行わなくていいお肌になることができました。

今も化粧水やスキンケアを選ぶときには、保湿重視のものを選ぶように心がけています。

「脂性肌だから」「ニキビができやすいから」という理由で、保湿をあまりしないというのは間違った解釈です。

保湿を徹底的に行うことで、あなたの肌もきっと生まれ変わりますよ♪

■自分にあったスキンケアを選んで自分磨きをしよう

今回は自分磨きの際にスキンケアを見直す重要性と、正しいスキンケアについてお話ししました。

自分磨きをしたいと頑張る女性は、実際それだけで美しいもの。

しかしスキンケアに磨きをかけていかないと、なかなか自分を磨くことは難しいといえるでしょう。

私も使っているデパコスをお得に買う方法【半額以下で買えちゃいます】では、デパコスのスキンケアなどが半額以下で買える方法もまとめているので、よかったらご覧くださいね♪

✔️自分磨きをしたいあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松岡礼奈(れなまる)

2020年4月よりシングルマザーになったれなまること松岡礼奈です♪私は美容プロのライターとして生計を立て、他にも犬服のハンドメイド作家として活動中!2020年7月よりこの峰不二子量産塾を再始動!2020年7月からのテーマは「愛」です♡読者の皆様に愛のある記事を届けられるように精進してまいります♪よろしくお願いいたします♡今後はベストセラー作家、実業家も視野に入れ活動していきます♪